【未】所得金額算定の仕組み

執筆者

現在、サラリーマンとして給料を貰っている方は、その何%かを所得税として 毎回毎回源泉徴収されているのはご存知かと思います。払いたくなくても、会社が 天引きしてしまうのでコレばかりはどうしようもないですよね。しかも、 給与所得者には事業所得者のように、アレもコレもと経費を計上して課税所得 を低くすることもできません。まぁ、その代わりに毎年いくらまで・・といった 形で、税金の控除額が決まっているのですが・・。

しかしながら、所得税というものは損益の通算といって、事業所得・不動産所得等ででた赤字を ほかの所得で補填できる仕組みになっていて、全ての所得を ひっくるめて税金がかかってくるというのはご存知でしょうか?どういうことかというと、 例えば、以下のような条件があったとします。

給与所得:100万円
事業所得:-50万円(赤字)
所得税率:10%(便宜的に)

この条件からサラリーマンの方の場合を考えると、勿論、給与所得のみの 収益となるので、課税対象は「給与所得」のみになります。つまり、支払う税金としては 100万円×10%=10万円となるわけです。

しかしながら、ここで同じ人が事業所得を持っていればどうなるでしょうか? 上記の条件に当てはめてみると、 マイナス(赤字)50万円なので、相殺されて、 実質的には【所得】に対する課税対象は  100万円-50万円 で50万円になります。 つまり、支払うべき税金としては50万円×10%=5万円になるわけです。 ということは、「給与」「事業」の2つからの所得がある人は、 「給与所得」オンリーの人に比べて、5万円も税金が少なくなることになるんですね。 ちなみに、実際は給与所得からは源泉されているので、 実際は確定申告の際に超過した5万円分に係る税金が戻ってくると言う 形になります。

どうでしょうか?ハッキリ言って、これがあれば前項で解説した サラリーマンの経費「特定支出控除」なんか屁みたいなもんですよね(笑) まぁ、どれだけ経費を乗せるかというのが キーワードになってくるかとは思いますが、アフィリエイトで継続的・経常的に 収入が入ってきている場合には、事業所得として確定申告をしてみても いいのではないかと思います♪これは、裏技的で結構オススメですね。 でも、悪用はしてはいけませんよ(笑)

*事業所得として確定申告をする時にでも、住民税の徴収 方法は「普通徴収」を選択してくださいね。「特別徴収」 だと会社に通知が行き副業が発覚しますヨ。まぁ、 その点においてはARIでは一切責任は負いかねますので ご了承ください。