ターゲットを狙い撃ち!企業の活用が増え始めているTwitter広告について知っておこう!

執筆者

株式会社NOBITA代表取締役。グループ企業の株式会社ノイズにてフロントエンドエンジニア兼ディレクターを担当。LIGMAKEPOなどのメディアでは「のび太」名義にてライターとして執筆活動も行っている。

監修

NOIZZ

株式会社ノイズ

http://noizz.co.jp/

マーケティングコンサルティング企業。事業戦略・事業開発支援のほか、MAKEPO等のメディアを展開。ウェブ制作系グループとして株式会社NOBITAを抱えている。

TwitterはFacebookと同様に人気の高いSNSの1つ。最近では若い年代だけでなく中高年の方の利用も増えてきました。
明確なターゲットを絞ることができるTwitter広告はあなたのサイトの認知・宣伝に効果的です。どのような広告があるのかをぜひ知っておきましょう!

Twitterの特徴

twitter1

まずはTwitterの特徴を抑えておきましょう。

  • 利用ユーザー:全世界2億5,500万人以上
  • ツイート数:全世界平均5億ツイート/日
  • ユーザーの約80%がモバイルからのアクセス

大きな特徴として上記3つがあります。

Twitterはフォロー&フォロワーの関係で成り立っており、同じ趣味・興味・関心のユーザーとのつながりが強いです。ゆえにマーケティングの観点から考えて、Twitter広告を利用するメリットは大きいです。

ユーザーの属性(年代、性別、地域など)だけでなく、タイムライン上でのタグ付けキーワードなどから明確なターゲットが絞りやすいです。また、広告のツイート、アカウントにはどれも「プロモーション」のラベルが付与されるため、ステマや、やらせを疑われる心配はありません。

元々ユーザーが興味を持っていることなので、広告を見せられている感覚は薄く、質の高い見込み客が集まりやすいといえるでしょう。ターゲットと交流するだけなく、その先にあるサイトのコンバージョン(購入、お問い合わせ、トラフィック増加、フォロワー数のアップなど)に直結しやすいです。

Twitter広告の種類

twitter-b

プロモツイート

企業がプロモツイートを使う良さは、ユーザーがツイートに反応し、何らかのエンゲージメント(リツイート,返信,開く,お気に入り登録etc)が生まれて初めて課金されるということです。とても効率的なマーケティングツールです。

エンゲージメントはオークションで決まり、最低金額は40円からで、目安としては70~90円くらいです。

ユーザーのタイムラインのうち1ツイート分の枠を購入して、以下のように表示されます。

twitter3

プロモツイートが表示されるTwitterユーザーの条件としては以下の2点。

  • 広告主の既存フォロワーと似たアカウントをフォローしているユーザー
  • 広告主をフォローしているユーザー(広告主のフォロワー)

プロモツイートは、ユーザーがTwitterにログインしたとき、もしくはタイムラインが更新されたときに、ユーザーのタイムライン上の「1~4番目に近いところ」に表示されることになっています。

プロモトレンド

「トレンド」と呼ばれる、Twitter内で大きく話題になっているキーワードをピックアップするスペースに、指定のキーワード、もしくはハッシュタグを表示できるものです。

promo

ユーザーがトレンドキーワード/ハッシュタグをクリックすると、企業のツイートに飛びます。こちらもプロモツイートと同様にターゲティングが可能です。課金制度ですが、1キャンペーンごとの定量価格となっています。詳細金額はTwitter社に確認する必要があります。

使い方としては、「とにかく今すぐ話題性を高めたい!」「新キャンペーンの告知をしたい!」という時に最適です。

プロモアカウント

プロモアカウントは、フォロワー数の獲得を目的とした広告です。ターゲットと興味範囲が似ていることから、フォローを勧められる「おすすめユーザー」欄に企業(広告主)のアカウントを表示させます。

promo-acount

広告主のTwitterアカウント(プロモアカウント)が、Twitterユーザーにフォローされた場合に課金されます。フォロワーあたりの料金はオークション制で決まり、最低金額は40円から、目安としては80~100円くらいだそうです。(※「フォロワー単価」×「フォロワー数」)

また、リアルタイムで広告効果をトラッキングできる分析レポート機能もあり、ユーザー情報を把握しやすいでしょう。

新規アカウントを開設した場合や、すでにアカウントは持っているけれどフォロワー数を増やして定期的にユーザーに自社情報をツイートしたい場合に使うといいでしょう。


Twitter広告をうまく使うことによって、あなたのサイトを上手くアピールすることができるかもしれません。ターゲットユーザーの多くがTwitterを利用していると思われるなら、ぜひとも試していただきたいツールの1つです!