シェアされる投稿をしよう!Facebookで効果的な投稿例のご紹介

執筆者

株式会社NOBITA代表取締役。グループ企業の株式会社ノイズにてフロントエンドエンジニア兼ディレクターを担当。LIGMAKEPOなどのメディアでは「のび太」名義にてライターとして執筆活動も行っている。

監修

NOIZZ

株式会社ノイズ

http://noizz.co.jp/

マーケティングコンサルティング企業。事業戦略・事業開発支援のほか、MAKEPO等のメディアを展開。ウェブ制作系グループとして株式会社NOBITAを抱えている。

Facebookを使って人を集める際には、どんなふうに投稿すればよいのでしょうか?ただ単に「ブログ更新しましたー。」という文言とリンクだけでは誰も見ようとは思いません。

「シェアされる投稿でバズらせよう!」という意気込む方は多いですが、効果的な投稿の仕方がわかっていない人もいるでしょう。

そこで今回は、Facebookでシェアされるポイント5つと、「うまい!」と思った効果的な投稿例を5つご紹介します。

シェアされるポイント

one point

1. リアルに役立つ

Facebookを宣伝の場として考えてはいけません。本来は友達や家族などのパーソナルなつながりから交流するソーシャルメディアです。宣伝目的ではなく、お役立ち情報を届ける姿勢を貫いていきましょう。

2. 「おぉー!」と思わせる

「うぁ〜これはすごい!」「えっ!?マジで?」「これはひどいなぁ〜」といった喜怒哀楽を呼び起こすもの、「キレイ!」「食べたい!」という欲求を刺激するコンテンツには反応しやすいです。思わずシェアしたくなります。

Facebookではタイムラインに写真が大きく載るので、写真のおもしろさやクオリティでユーザーの興味を引いていきましょう!

3. 投げかけ

「これはなぜ〇〇なのでしょうか?」といった感じの質問形式の投稿は効果的です。人は質問をされると思わず考えてしまいます。

時には他の人にも同じことを聞いてみたくなり、反射的にシェアボタンを押しているケースが多いです。友達に自分の考えを主張・賛同してもらいたくてシェアする人もいるでしょう。

4. タイムリー

ソーシャルメディアの大きな特徴はタイムリーさです。今だけの行事や旬のものに関する投稿は反応率が高いです。芸能人の速報ニュースや最近起こった大事件などの投稿は頻繁にシェアされているのを目にします。

効果的なFacebook投稿例

Like Button

ほっともっと/HottoMotto

fb-ex1
「さっぱり、たっぷり、こってり」と、ユーザー目線の言葉で選択肢を考えたのがうまいですね。「みんなはどうだろ〜?」とシェアして聞きたくなる人もいるでしょう。加えて、おいしそうな写真が食欲をそそります。

キリンビバレッジ(KIRIN Beverage)

fb-2
ただ単においしそうな食べ物写真をアップするだけでなく、年末年始に食べ過ぎてしまった人のことを考え、今の時期に旬なレシピを提供しているのがいいですね。栄養素についても述べており、健康志向の人には特に興味惹かれます。

コカ・コーラ (Coca-Cola)

fb-3
「すごーい!」って思わず言ってしまいそうな写真です。これはシェアしたくなります。FacebookではTwitterと違って写真で魅せることが可能です。こうした珍しい写真は誰でも反応してしまいます。

ムーニー moony

fb-4
子育て主婦、こども好きの女性は特に反応しそうです。写真だけでなく、ターゲットの悩みや問題を意識した文章も効果的です。写真と文章どちらでもユーザーを強く惹きつけます。

FMうるまさん (FMうるま)

fb-5
まさにいま現在起きていることこそ、「今」シェアしたくなる投稿です。台風が近づいているときは、今どこに台風がいるのか1日中気になってしまう人もいるのではないでしょうか?Facebookを新聞代わりに利用している人も多いので、こうしたタイムリーな話題は効果的です。


Facebookではブログと違って、長くは書けません。またユーザーもパッと見てわかる投稿、または面白そうな投稿にしか反応しません。そのためいかに端的な言葉と魅力的な写真で惹きつけるかが勝負。

SEOのためには良質なコンテンツが不可欠であり、そしてコンテンツを用意するのはあなた自身です。CMSは作ってくれません。

今回ご紹介した効果的な例はごく一部です。他にも良い投稿はたくさんあるでしょう。ぜひ普段からいろいろなFacebook投稿をチェックして自分たちのFacebook集客に活かしていきましょう!