GoogleとYahoo! 検索の違いは?

執筆者

株式会社NOBITA代表取締役。グループ企業の株式会社ノイズにてフロントエンドエンジニア兼ディレクターを担当。LIGMAKEPOなどのメディアでは「のび太」名義にてライターとして執筆活動も行っている。

監修

NOIZZ

株式会社ノイズ

http://noizz.co.jp/

マーケティングコンサルティング企業。事業戦略・事業開発支援のほか、MAKEPO等のメディアを展開。ウェブ制作系グループとして株式会社NOBITAを抱えている。

日本で多くの人が利用している検索エンジンは、誰もがご存じのYahoo!とGoogleです。
ASCII.jp×ビジネスの『Googleだけではない!世界の検索エンジンシェア早わかり(2014-06-16)』の記事よると、日本ではYahooを使っている人が約50%、Googleが約40%と、若干Yahooの方がシェア率が高くなっています。海外ではGoogleが飛び抜けて人気ですが、日本ではYahoo!優勢…と、そもそも、この2つのサービスの違いは一体何でしょうか?

世界の検索エンジンシェア率

3d human - sharing

下の表は、2012年の世界の検索エンジンシェア率です。

sns-share(参照:Googleだけではない!世界の検索エンジンシェア早わかり ASCII.jpより)

世界的にはGoogleがダントツでトップです。

しかし、地域別で見ると、中国では百度(Baidu)、韓国ではNaver、ロシアではYandexなど、国によってトップシェアの検索エンジンは異なります。よって、SEOは現地で最もシェアの高い検索エンジンに対して行う必要があることは間違いありません。。

YahooはGoogleと同じアルゴリズムを導入

Binary background

アルゴリズムとは、サイトの検索順位を自動で決めるための計算方法(プログラム)のことです。

2010年12月、Yahoo!JAPANが検索エンジンのアルゴリズムを「Google」から提供を受ける形で導入を決めたのは記憶に新しいと思います。

それ以前まで、YahooはYSTと呼ばれる検索アルゴリズムを使っていましたが、 ユーザーの求める検索結果が得られていなかったという実情がありました。質の悪いコンテンツを排除し、良質なコンテンツを上位表示させようと様々な対策を施しましたが、期待したほど効果は出なかったようです。

そこで世界最大の検索エンジンであるGoogleと同じアルゴリズムを適用することになったというわけです。

検索順位は全く同じではない?

パソコンを使う手

以下はGoogleとYahooで「アフィリエイト」と調べた時の上位4つの検索結果です。

Google

google

Yahoo

yahoo

上位3位までは同じですが、4位以降の結果が変わりました。

同じアルゴリズムを適用しているにもかかわらず、違った結果になるのはなぜでしょうか?

Yahoo検索で重視されるもの

one point

GoogleとYahooはそれぞれがもつ独自のサービスがあります。

  • Google:Googleニュース、Googleプレイス、Googleマップなど
  • Yahoo!:Yahoo!ニュース、Yahoo!ショッピング、Yahoo!知恵袋など

これらはそれぞれ検索エンジンにおいて、自社プロパティとしてより上位に表示されやすくなります。特にYahooにはその傾向が強いです。

また、Yahooでは独自のサービス以外にも、「Naverまとめ」「クックパッド」「弁護士ドットコム」などを”提携パートナーサイト”として検索結果で優遇して表示させる傾向があるようです。

検索のアルゴリズムは同じですが、Googleの結果にYahoo独自のフィルターを加味しているため、検索結果が若干異なってくることがあるのです。

SEO対策はGoogleに目を向けよ!

seo optimization 3d

とはいえ、Yahoo!とGoogle別個にSEO対策を施して行く必要があるのか?と言えば、そんなことはありません。

アルゴリズムが同一である以上、”分けて”施策をしていくことにはあまり意味がないためです。

しかしながら、Yahoo!の検索結果に表示される情報は先述の通りある程度わかっています。ですので、Yahoo!でちょっとでも結果表示を狙うのであれば(Yahoo!における「自社プロパティサービス」や「提携サービス」を研究し)、Naverまとめなどの連携サービスに情報を掲載していくことで、自分のウェブサイトが訴求できるようなコンテンツを作っていくといった施策はアリと言えます。

但し、Googleが重視するものは「ユーザーにとって有益なコンテンツ」です。その軸だけはブラさずに常に意識していただくと良い結果になるかもしれません。