【書評】『これだけは知っておきたい「副業」の基本と常識』

書評副業

執筆者

日本経済の先行きに不安を感じる人が増えている今、「副業」は多くの人から強い関心を集めています。

これから副業を始めたいけれど、どうしたらいいのかわからない。
会社にばれないように副業するコツは?
お金になる副業ってどんなもの?
こういった基本的な疑問を解決するのにも、本書はとても役立ちます。

本書は、弁護士である大山滋郎氏と税理士である植野正子氏による、「副業」についての入門書です。
「副業」に関する不安や疑問、税に関する基本常識に関して、専門家によるレクチャーで正しい知識を学ぶことができる一冊となっています。

「副業」に関する法律知識を身につけよう

「副業」にはさまざまなものがありますが、専業主婦を中心に人気を集めている副業としては、ネットオークションやネットショッピングといった売買に関する副業が挙げられます。

特に資格も必要なく、家庭で不要になったものを売りに出したり、趣味で作ったアクセサリーなどを販売することもでき、手軽に始められるのが魅力です。
しかし、扱う商品や期間によっては、法律による制限が生じることも。
本書では、具体的な例と対策を提示し、ネット上での売買に関する副業の注意点を教えてくれます。

例えば月々の売り上げが数百円しかなかったとしても、継続的に販売を続けていると「事業者・販売事業者」とみなされることがある、と本書は指摘しています。
この場合は特定商取引法の対象となり、商品に関する重要事項の説明や広告の表示といった義務が発生するのだそうです。

副業でネット販売をしている人の多くが、「収入が少ない場合は法律なんて関係ない」と思っているかもしれません。
著者によると、売上額に関わらずこういった法律の効力が発生するケースもあるので、注意が必要なのだとか。

誰もが気になる、副業の税金問題について解説!

副業に関する法律について学んだあとは、税に関する問題を解決しましょう。
副業のメリットは、収入がそのまま自分のものになること。
しかし、ある程度の収入が発生すると確定申告が必要になります。

例えば会社員が副業で収入を得ている場合、副業による年間所得が20万円以上になると確定申告しなくてはいけません。
専業主婦による副業では、所得の種類や額によって確定申告の有無が異なります。

副業で得た所得と税金に関する取り決めは素人にはわかりにくく、特に専業主婦による副業ではさまざまなケースがあります。
本書では所得の種類別一覧や確定申告の仕方、「確定申告しないとどうなるか」といった素朴な疑問まで幅広くカバーしており、税に関する知識が全くなくてもすぐに実践・活用できる情報が満載です。

自分に合った副業が見つかる!業種別ノウハウを大公開

アンケートやアフィリエイト、株式投資やライターなど、副業として始められるお仕事は多種多様。
さまざまな仕事について、始めるにはどうしたらいいか、どんな人に向いているかどうかを、本書では仕事別に紹介しています。

特技や趣味、資格を活かしての副業や、週末だけ働きたいといったニーズを満たすお仕事についても書かれているので、まだ副業を始めていない人にもとても参考になるのではないでしょうか。

また、各章の最後に書かれているコラムも秀逸です。
「副業の探し方」「怪しいアルバイト先の見分け方」など、専門家ならではの視点で書かれているので、副業を始める前にぜひ一読しておくことをオススメします。

これから副業を始めたい人にも、すでに副業を持っている人にも、本書は常に手元に置いておきたい充実の内容となっています。
ちょっとした疑問が湧いたとき、困ったときにも解決策を探しやすいQ&A方式で書かれているので、忙しい人にも使いやすいのが特徴。
副業に関するガイドが欲しいと思ったら、ぜひ本書を手に取ってみてください。

これだけは知っておきたい「副業」の基本と常識

  • 監修:大山滋郎, 植野正子
  • 出版社:フォレスト出版

会社に知られずに副業するにはどうする?すぐできるネットやスマホの副業には何がある?知らないとトラブルになる法律や税金のツボは?ネットでモノを売るときに注意することは?特定商取引法、消費者契約法、家内労働法って何?給与や報酬でトラブルが起きたらどうする?自分に合った副業が見つかる!確実に稼げるノウハウがわかる!