コンテンツ情報の整理方法について

執筆者

サイトを作るにあたって、情報の充実・・・これは非常に大切な事になることは、サイト管理者の方なら誰でもご存知の事かと思います。

しかしながら、まとまりなくアレもコレもといった形で情報を集積させてしまっても意味が無いことも事実です。

というのも、キチンと整理をしないと情報の中に情報が埋もれてしまうからなんです。

良かれと思って、情報充実に精を出したにもかかわらず失敗してしまう・・・まぁ、よくあることです。

実生活においても、すぐに使うからと言ってイロイロな資料等を机上において置いたけど、結局そこから探すハメになってしまった・・・よくありますよね?正に本末転倒です。

で、これらのことから必要であると導かれることは、「情報の整理」をしましょう・・ということなんですね。

まぁ、当たり前の解答なんですが(笑)しかしながら、重要なのはここからになります。

どういったものかというと、それは、「どのような方法で整理をするのか?」ということです。では、どういった方法があるのか?というと、わかりやすいように簡単に列挙してみたいと思います。

  1. 大まかな内容の割り振り
  2. カテゴライズ
  3. 階層の決定
  4. 上記2・3の繰り返し

どうでしょうか?非常にシンプルでしょう?

まぁ、これではちょっとわかりにくいので解説を入れてみますと・・・まず、1の「大まかな内容の割り振り」について。

これは、コンテンツ内容の明確化と言ったものになります。

例えば、A~Fまでのコンテンツ項目があったとします。それらは、まだ個別でのコンテンツ作成段階にあると考えてください。

・・・とはいっても、まぁ、それでは実感が沸かないかと思いますので、いくつかの実サイトを挙げてみたいと思います。

  • A(Yahoo!リサーチ)
  • B(imiネット)
  • C(ドリームメール)
  • D(フルーツメール)
  • E(MYID)
  • F(Chance!It)
  • G(A8.net)

で、「1、大まかな内容の割り振り」 をするとどうなるか・・・というと、

  • A(アンケート)
  • B(アンケート)
  • C(オプトイン)
  • D(オプトイン)
  • E(懸賞)
  • F(懸賞)
  • G(ASP<アフィリエイトサービスプロバイダ>)

といった感じになりますよね(有名所を列挙してみましたが、ご存知無かった場合には「そうあるもの」だと思ってください。すいません)。

つまりは、個別にその役割というか、コンテンツのトピックスを与えてやるということです。

では、続いて2の「カテゴライズ」・・・これはある一定の条件を付けて、分類をしてやるといったものになります。

上記A~Fは縦にわかりやすく列挙されているので、AB・CD・EF・Gといった形に、つまり「アンケート」「オプトイン」「懸賞」「ASP」といった形にカテゴライズされるのが分かるかと思います。

ここまできたら整理は出来たも同然・・・・なんですが、実はこれらのカテゴリはもう一段階上の・・つまり、もっと大枠のカテゴリでくくる事が出来るんですね。

ではそれは何か?もう、殆どの方がお分かりかと思いますが回答しておきます。

ズバリ、「お小遣い・副収入」というものです。

まぁ、「お小遣い・・」という言葉は、多少人それぞれに置き換わる事があると思うので、確定しているものとはいえませんが(例えば、MONEYとか現金GETとか・・・イロイロありますよね)、概念的には全て副収入というものですよね。

で、簡単に図解にしてみたのですがご覧いただけますでしょうか・・

seiri

どうでしょうか?

いままで「緑色(A~G)」の個別の枠だったものが、次段階の「青色(ABとCDとEFとGの分類)」の枠へ・・・そして、最後には「赤色」の全体を取り囲む大枠へと移り変わっていますよね。

実は、これが「階層を決める」という3番目の整理方法に繋がっていくんですね。

というわけで、簡単なヒエラルキーを作ったので見てみてください。

   
                 /\ 
                / 赤 \
               /____\
              /      \
             /    青    \
            /__________\
           /            \
          /       緑       \
         /________________\

上位層の「赤」。そして、中位層の「青」。

そして下位層の「緑」・・・・実はコレ、トップページからクリックをして次のページに「降りていく」過程を表しているものでもあるんですね。

つまり、赤枠のトップページには青枠が4つ表示されていると解する事ができるかと思います。で、青枠の一つを押せば、ABがでてきたり、CDが出てきたりするわけです。

ちょっとややこしいとは思うのですが、この方法が一番体系的であるとワタクシは思っております。

ちなみに、「緑枠」の下に階層を作ろうと思えばいくらでも作れるし(例えば、アンケートのカテゴリで分類されていたものを更に詳細分類しようとするなら、高報酬上位から3サイトずつ・・・とか、報酬振込み下限が1,000円までのところ・・・等々)、「赤枠」を更に大きな枠でくくろうと思えば、いくらでも分類可能です(例えば、総合情報のサイトであった場合には「副収入」はあくまでもひとつのカテゴリでしかないですよね。

その他にも、「就職」「投資」・・なんでもあります。つまり、同列のものが増加するということです)。

結局、今回書いた事における一番肝心な「整理方法」の内容は、情報に対する

「トピックス付与」⇒「分類」⇒「同列指定=階層分け」

といってしまって宜しいかと思います。