コンテンツ再考

執筆者

アフィリエイトを活用して収入を得るためには、そのサイト独自のコンテンツというものが必要になります。

当サイトの初級編においては、「サイトコンセプト」といった形で、どういう方向でサイト運営・作成をしていけばいいのかということを、簡単に示唆させていただいたのですが、ここでは、そのサイトコンセプトを具現化するとともに、コンテンツには何が必要なのか?また、何が求められているのかということについて説明してみたいと思います。

ところで、みなさんが何か知りたいことがあったり、欲しい情報があったりしたとき・・どういった行動をとっていますでしょうか?

多分、大概の場合「検索エンジン」を使って、欲している情報を提供しているサイトを探すのではないかと思います。

では、その辿りついたサイトが「使えるサイト」もしくは「使えないサイト」だった場合、どういった行動をとるでしょうか・・・前者の場合では「ブックマーク」に追加をし、また、後者においてはもっと精度が高く、確実な情報を得られるサイトに移動するのではないかと思います。

なぜ、このようなことをいうのかというと、実はこのことが「コンテンツ」というものに深く関連しているからなんです。

どういうことかというと、検索エンジンで表示される結果というものは「ウェブサイト」の住所(URL)ではあるのですが、実はその中身というものはすべてコンテンツになっているんですね。

つまり、検索エンジンを利用する人が求めているものというのは、そのコンテンツ以外の何者でもないというわけです。

では、その求めているコンテンツというものはどういうものなのか?というと、先述した 「知りたい・欲しい情報」というものになるんですね。

つまりは、求められているものが「知りたい・欲しい情報」という、問題解決要素だというのならば、我々はそれに従って、コンテンツを作成するのが理にかなっているというわけです。

とはいっても、世の中にはイロイロな人がいるわけで、誰がどんな情報を欲しがっているのか?ということは我々コンテンツ作成者にはわかりません。

しかしながら、客観的に、正しく、そして、正確な内容をコンテンツにすることができれば、普遍的な情報を提供できることは間違いありません。

結局は「欲しい・知りたい」というものを盛り込むということが肝心なことになるかと思います。

しかしながら、「何を」ということについては自分で考えなければなりません。つまりは、「消費者が求めるものは何なのか?」「解決したいことは何なのか?」・・・ということをキチンと予測するとともに、それに対応できるようなコンテンツ作りが必要になってくるわけです。

まぁ、検索エンジンの使われ方が「問題解決」の入り口となっている以上は、そういったサイト(コンテンツ)作りをしていくように心がけないと、お客さんに見向きもされなくなってしまうことは明らかでしょうね。