サイト巡回のススメ

執筆者

サイトを作成し始めると、最初の頃というのはHTMLの知識があまりにも無いため、「スランプ」に陥る可能性がかなり高くなります。

言うなれば、現状のキャパシティーではどうしたらいいのかわからなくなるということです。

しかしながら、この原因は『自分でなんとかしよう・・しなければならない・・』という、自己暗示的な強迫観念によるものが多いようです。

では、これを解決するにはどうしたらいいのか・・というと、逆説的に考えて「自分で考えない」という答えが導きだされるんですね。

まぁ、こんなことをいうと「え?辞めるってこと?」という質問が飛び出てきそうなのですが、それはちょっと意味違いです(笑)

どういうことかというと、有り体に言えば「パクってしまう(模倣)」ということになります。

しかしながら、中には「後々、著作権問題とかで訴えられたりしたらどうするの?」と心配になる方もいらっしゃるかと思うのです・・・が、実は全パクリという鬼のような所業をして下さい・・というわけではないのですね。

そりゃあ、訴えられた挙句にサイト閉鎖なんてことになったら元も子もないですからね(笑)

ここで私がいいたいのは、サイトの構成であれ、コンテンツの内容であれ、イロイロないい部分を持っているサイト等の内容をエッセンス的に抜き出して再構築する・・・ということなんです。

例えば、自分のサイトの色彩調整がうまくいかない・・ソレに加えて、消費者金融の情報を作っているにもかかわらず、いまいちお客さんに喜んでもらえるような「コレだ!」というものがない・・・

という現状があったとします。ここでみなさんだったらどうするでしょうか?!

色彩のチャートを書籍を見ながら一個一個変更して確認していきますか?数百数千とある、色彩のチェックをするなんて、正直面倒ですよね(汗)

こんなことをしていたら、時間も無駄な上に忍耐力の無い私のような人は発狂する可能性だってあります。

では、どうするのか?というと、こういうときは気晴らしも兼ねて 「他のサイトを巡回する」んです。

この場合、それこそジャンル関係なく、大手サイトからたまたま検索にひっかかったサイトまで・・・とにかくつらつらと眺めるんです・・・そうすると、「アレ?」というものが出てくるんですね。

そして「これいいんじゃない?!」となるわけです。

つまり、色彩なんてものは別に誰が独占できる・・といったような法律はないわけですから、別にそのエッセンスを頂いても全く支障はないわけです。

これは、実を言うと他のことでも活用することができます。例えば、広告を説明するためにつけるレビューといった文章。

文章を書きなれていない人にとっては、ハッキリ言って苦痛ですよね?!でも、それは、言葉を知らないのではなくて「こういうときの言い回し」みたいなものが出てこないだけなんです。

例えば、何行か前で私が使った【鬼のような所業】・・使い方は合っているのか良くわかりませんが、「ひどいこと」という意味はわかりますよね。

つまり、こういう部分を「お、使っちゃおう・・」ということで、頂いてきてしまうんです。

つまり、ドンドンと部分的にイロイロなサイトから寄せ集めをするということなんです。

音楽の世界では「パクリパクラレなんて常識だよ!」という言葉を良く聞きますが、そこまではいかないとしても、ネットの世界でも上述したようなことなら、全く問題はないと言い切ってしまっていいかと思います。

あとは、後者の「コンテンツのインスパイア」ですが、これも実はイロイロなルートがあります。

ネット然り書籍然り・・・なんですが、身近なところに「話のタネ」というものは転がっていたりします。

実を言うと、これ・・新聞が一番いい参考資料なんですね。経済面・金融面・・といったようにカテゴライズされている新聞・・・特に、日経新聞なんかはかなりアツイ存在になります。

もし、少しでも情報を得たいという場合には新聞を一度隅から隅まで読んでみるといいかもしれません。

とはいっても、ここでも全パクリではなく「あくまで部分的エッセンスとして参考にする」のが重要です。

まぁ、「これじゃあ、オリジナリティもクソないよ」・・・と、お思いの方もいらっしゃるかとは思うのですが、一度やってみてはいかがでしょうか?

きっと完成した際には、亜流の積み重ねでできた不思議なオリジナリティあふれるサイトになること間違いなしです。