全然収益があがらないのですが・・なぜでしょうか?

執筆者

ASPから取得したアフィリエイト商材をウェブサイトに並べているだけではありませんか?

アフィリエイトにかぎらず、ウェブを使って成果をあげようとした場合、下記3点は必ず考えておく必要があります。

  • アフィリエイト商材
  • コンテンツ
  • 対象者

ウェブサイトを活用する以上、どうしても「SEO」があたまに行きがちなのですが、SEOはあくまでもテクニックの問題であり、成果をあげるための本質ではありません。

アフィリエイト商材は何を取り扱うのか?

ターゲット(対象者)よりも、コンテンツよりも、まずは”何を売りたいのか”を決めることが先決です。

売り物が決まらなければ、どのようにアプローチをしていくのかを決めることができません。

商材は、物販からIT関連商材まで幅広く存在しますが、可能であれば自分が得意な分野のモノを取り扱うことをオススメ致します。

商材の良さを伝えるために何が必要なのか?

商材の良さを伝えるためには、ウェブサイト上に掲載するコンテンツを用意しなければなりません。

その商材についてや、どのようなメリットが得られるのかなど、「商材を契約する可能性がある見込顧客」に対して訴求する必要があります。

ちなみに、SEOは、これら訴求するコンテンツに効率よく検索エンジンからの流入者を増やすためのテクニックとなります。

誰に伝えるのか?

コンテンツやそのコンテンツを格納するウェブサイトを構築する場合には、「誰に」というターゲットを定める必要があります。

情報や商品を必要としない人に「これはとてもいいものです」とどれだけ伝えても理解されることはありません。