APIってなんですか?

執筆者

APIは、「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」の略で、特定のプログラムやそこで管理されるデータを、外部から呼び出して利用することができる窓口(インターフェース)のことを言います。

例えば、Amazonアソシエイトでは、管理画面にログインしてウェブサイトで紹介したい商品のアフィリエイトリンクを取得するのが一般的な手順ですが、Amazonの商品を大量に紹介するサイト(やサービス)で手作業での更新は不可能です。

そこでAPIを利用することで、Amazonの欲しい商品情報を予めプログラミングしておき、その情報をAPIを通じて取りに行くことで、大量の商品情報を一括で更新できることになります。